WordPressがインターネットの30%以上を占めていることを考慮に入れると、今日、最も怠惰なホスティングプロバイダーだけが、WPに特化したいくつかのバリエーションを提供していないことになります。

しかし、いくつかのブランドは、WordPressに特化したプロフェッショナルグレードのソリューションで、 プレミアムな機能と価格を提供しています。

Kinstaはこれらのハイエンドホストのうちの1つです。この詳細なレビューでは、Kinstaが最良のマネージドWordPressプラットフォームと呼ばれるに値するかどうかを確認していきます。 👑

判決の概要: Kinstaは明らかに品質とセキュリティに妥協できないという人にぴったりのサービスです。このホスティングはクラス最高のソリューションに焦点を当て、選択したプランに関係なく、比類のないカスタマーサポートを提供しています。

機能:どんな機能があるのか? もっと読む
10/10
性能: 高速で信頼性は高いのか? 詳細
10/10
価格: お金の価値はあるのか? 確認する
8/10
サポート: 役に立つのか? ディスカッションを見る
9/10

まず、Kinstaが他のホスティングプロバイダー(プレミアムセグメントの直接の競合他社とマネージドWPホスティングを提供する幅広い企業グループの両方)とどのように異なるかを見ていきましょう。

ユニークなKinstaの機能

あなたはすでに特化したWordPressホストを区別することはそれほど簡単なことではないと気づいたかもしれません。一つ一つのブランドが最速で、最も信頼性の高いプロバイダであると主張しているように見えます。では、どのように客観的な選択をすればよいのでしょうか?

Kinstaのすべての機能を列挙して混乱させることはありません。代わりに、Kinstaが他の製品と本当に異なっているものについてご紹介します。

    世界中にある

  • 28のデータセンターが、あなたのウェブサイトを常に訪問者の近くに保ちます。サイトの読み込み時間がミリ秒単位になると、物理的な距離は大きな違いを生み出します。 ⚡
  • Location of Kinsta's data centers

  • 最適化C2 仮想マシンが、最も要求の厳しいウェブサイトでも最高のパフォーマンスを発揮します。これの意味については、インフラセクションのレビューをご覧ください。
  • Cloudflareの統合は、攻撃、ボット、その他の悪意のある行為から保護し、セキュリティの強化を提供します。もちろん、Cloudflareはどのホスティングにも接続できますが(無料プランでは無料)、KinstaはすべてのクライアントにCloudflare Enterprise機能を提供しており、これは別途入手するには少し高価です。
  • アプリケーション・パフォーマンス・モニタリングツール(Kinsta APM)はKinstaのすべてのプランに含まれる無料のシステムで、ウェブサイトの内部構造を視覚化し、潜在的な問題や改善領域をピンポイントで特定できます。
  • すべてのKinsta利用者は、手動および自動を含む6種類のバックアップを利用でき、頻度は毎日(デフォルト)から毎時(追加料金)より選択できます。
  • DevKinstaの開発者環境は、Kinstaチームによって構築された社内ツールで、あらゆる経験レベルの代理店やフリーランサーをサポートし、ローカル開発、展開、プロジェクトのハンドオフを簡素化しています。

お気づきかもしれませんが、上記のすべてがスピード、アップタイム、そしてセキュリティに関連しています。ここで、Kinstaのプラットフォームが提供するこれらの機能がどのように一体となって提供されるのか、さらに詳しく見ていきましょう。

インフラと性能

その前に、Kinstaの実際の仕組みを理解するために1つだけ明らかにしておくべきことがあります。

KinstaはマネージドWordPressホスティングに 独占的に特化しており、これは以下のことを意味します。

a) 他の競合他社のように、さまざまなタイプのホスティング(共有、専用、VPSなど)を提供するのではなく、利用可能なリソースの異なる同じセットアップのバリエーションを提供している。

b) Kinstaの製品は、単純なWordPressのインストールではないが、WordPressの実行に特に適した最も強力で柔軟な仮想サーバーである(世界で最も人気のあるサイトエンジンであるため)。

ここで、念のために言っておきますが、

マネージドWordPressは、WPに最適化され、セキュリティ、ソフトウェアアップデート、バックアップなどの管理・保守作業をすべて引き受けるホスティングサービスを意味します。

これを念頭に置いて、詳細を見てみましょう。これを説明するために作成した図がこちらです。

Kinsta's infrastructure

まず第一に、他のマネージドWordPressホストと同様に、Kinstaは実際にはハードウェアを所有しておらず、サービスの背後にあるすべての物理的インフラはGoogle Cloudに基づいています。

そして、ただのクラウドではありません。C2 (compute-optimized virtual machines)と呼ばれる、最先端のハードウェアと最新のソフトウェアを組み合わせて最高のパフォーマンスを実現する、最先端のものだけを利用しています。

さて、ここからは少し複雑な話になります。

Kinstaは、仮想サーバ(それ自体が物理サーバの抽象化)をLXDコンテナに分割し、各WordPressウェブサイトはそのコンテナ内の独自のソフトウェアバンドルで実行されるようにします。

つまり、クライアントのウェブサイトは、Googleが提供する最高のコンピューティング インフラストラクチャの相当なリソース(正確には、それぞれ12CPUと8GBのRAM)にアクセスできる、独立した安全で拡張性の高い区画でホストされているのです。

Kinstaであなたのウェブサイトを高速化

さて、このように技術的に優れたものが、ウェブサイトのパフォーマンスにどのような影響を与えるのでしょうか?ここでは、最も重要な考慮事項を説明します。

  • 最近更新されたページや動的に生成されたページ(ショッピングカートなど)は、Google Cloud上の最高品質のC2サーバー🏅により、特に高速に表示されます。
  • 豊富なコンピューティングパワーとWordPressに最適化されたソフトウェア 🚀により、サーバーへのリクエスト(=サイトの負荷)は瞬時に処理されます。
  • CDNはインフラをもう1層追加し、お客様のサイトのページを数百のローカルノード🌎にキャッシュして(オリジンサーバが現時点で応答しないまれなケースでも)最も近い場所から各訪問者に配信するので、スピードと信頼性を最大化します。

さらに、前述のアプリケーション・パフォーマンス・モニタリングは、潜在的な非効率性やブレークポイントを監視するのに役立ちます。

Kinsta's apm

このツールやその他のツールは、Kinstaのコントロールパネルに組み込まれており、どの料金プランでも無料で利用できるため、他のホスティングプロバイダーと区別するためのもう一つの(見落としがちな)事実です。価格といえば…

Kinstaのプランと料金

先ほど、Kinstaは基本的にさまざまなリソースを持つ単一のホスティング製品を提供していると言及したのを、覚えていますか?

簡単に言えば、10種類(!)ある料金プランは、利用目的に応じて3種類に分類されています。

対象ユーザー 個人または小規模企業 フリーランサーまたは中堅企業 代理店または大企業
Kinsta プラン Starter; Pro Business 1..4 Enterprise 1..4
WordPress サイト数 1-2 5-40 60-150
月間訪問数 25,000-50,000 100,000-600,000 1,000,000-3,000,000
PHPワーカー/サイト 2 4-6 8-16
バックアップ保持期間 14日 20日 30日

しかし、上の表の1行については、説明が必要かもしれません。PHP ワーカー 🧑🔧 は、訪問者のためにウェブサイトのページを生成する個々のプロセスです。したがって、動的に生成されるページに依存するウェブサイト(大型店舗やオンラインコミュニティなど)ほど、サイトをスムーズに運営するために多くのPHPワーカーが必要になってきます。

Kinstaの価格ポリシーについて、もう3つ覚えておくとよいことがあります。

  • 年払いは月払いに比べて16%安く、年払いと月払いをいつでも切り替えることができます。
  • 各プランには、サイト訪問数、ディスク容量、CDN使用量というリソースの制約があり、月間の割り当て上限を超えた分は別途課金されます。
  • すべてのお客様は、最初の購入から30日以内は 全額返金、それ以降は(サブスクリプションの未使用部分について)部分返金に応じることができます。

キャンセルと払い戻しは非常に簡単です。Kinstaのコントロールパネルでは、ワンクリックでアカウントを閉じることができ、サポートに連絡したり、「誤って」うまく隠されたボタンを探したりする必要はありません。

Kinstaを30日間リスクなしで試す

Kinstaの価格を他のマネージドWPホスティングプロバイダーと客観的に比較するには、インフラの品質とユニークな機能(APMツールなど)の両方を考慮する必要があります。そして無形のものを忘れてはなりません。

サポート・移行

カスタマーサポートを重要な価値提案と見なすのは簡単です。その理由は、その品質を測定し、比較するのがそれほど簡単ではない、または単に、実際に問題に直面するまであまり考えないことだからです。🔥

しかし、ウェブサイトのホスティングは長期的なものなので、サポートが必要になるかどうかではなく、「いつ」必要になるかという問題なのです。

そして、必要な瞬間が来たとき、カスタマーサポートは応答がよく、効率的で、忍耐強いことを望むことでしょう 。これこそ、Kinstaが提供するものです。

サービスチームは、受信リクエストの量に対して十分な人員が配置されており、大部分が開発者で構成されています。これにより、Kinstaは常に称賛を受けており、業界ランキングで上位に入る品質レベルを確保できています。

  • Kinstaは、シングルティアサポートの哲学を誇りとしています。これは、すべてのカスタマーケアスペシャリストが、お客様のリクエストを複数の担当者の間で行き来させることなく問題を解決する能力があることを意味します。
  • すべてのクライアントは、毎日24時間いつでも英語でのチャットにアクセスできます。また、平日であれば、他の言語でもサポートが受けられます。
  • 既存のクライアントは、Kinstaコントロールパネル内で直接ヘルプを得ることができ、将来のクライアントは、公式ホームページの右下隅にあるチャットボタンを探してください。
  • 平均応答時間は約1.5分と報告されており、これは私たちのサービステストで経験したものと一致するようです。

ライブチャットに加えて、 公式の問い合わせフォームから質問をすると、1営業日以内に返信があります。また、米国にお住まいの方(または国際電話でも差し支えない方)には、電話でサポートチームと話すオプションもあります。

人間が提供するもう一つの重要な機能は、🧳移行:既存のサイトを他のホスティングプロバイダーから移動させることです。今までに、Kinstaが短いフォームに入力するのと同じくらい簡単にできることを聞いても、驚かないでしょう。

Kinsta migration

Kinstaの各プランには、無制限の基本移行と一定数のプレミアム移行が含まれており、後者はeコマースやオンラインコミュニティなどの複雑なWordPressサイト向けのものです。

クライアントは、Kinstaに以前のホスティングコントロールパネルへのアクセスを与える(本質的にバレーサービス)、バックアップファイルを提供する、または プラグインを使用してすべてを手作業で行うという3つのオプションから選択できます。

いずれにせよ、今日存在するトップクラスのプラットフォームでホストされていることから、結果としてあなたのウェブサイトは利益を得られます。

Kinstaのメリットとデメリット

評定に移る前に、Kinstaについて学んだことを一通りまとめましょう。

  • すべてのKinstaのウェブサイトは、Google Cloudの最先端のハードウェアでホストされており、最大限のスピードと高負荷時の最高のパフォーマンスを実現している。
  • サーバーソフトウェアは徹頭徹尾WordPressに最適化されており、すべてのコンポーネントの最新バージョンへの更新はKinstaチームによって処理される(これがマネージドWPと呼ばれる理由です)。
  • エンタープライズレベルのCloudflareインテグレーションをすべてのプランで利用でき、ビジネスに不可欠なウェブサイトのセキュリティと信頼性を確保している。
  • すべてのアカウントには、アプリケーションパフォーマンスモニタリングシステムやDevKinstaローカル開発環境、そしてもちろんmyKinstaコントロールパネルなどのユニークで強力なツールが含まれています。
  • 手動や自動など6種類のバックアップにより、万が一の事故や故意の攻撃にもデータを失うことなく、ウェブサイトを迅速に復旧させることができる。
  • プランに関係なく、お客様は昼夜を問わずあらゆる問題を解決するために、Kinstaの受賞歴のあるエンジニアのサポートチームに平等にアクセスできる。
  • 固定されたコンピューティングリソースの代わりに、すべてのプランに使用制限がある。これは、訪問者数、ディスクスペース、CDNトラフィックなどのために追加料金を支払うことになることを意味する。
  • 制限といえば、サイトごとに PHP ワーカーを追加するには、次の価格帯にアップグレードするしかないが、これは他のパラメータとの関係で必ずしも意味を成さない。
  • 現在、Kinstaはドメイン名を提供していません。つまり、サードパーティプロバイダーでドメインを登録し、Kinstaのウェブサイトに接続する必要があります(ドメインとウェブサイトの両方を一括で管理することを強く希望する場合は、代わりにSiteGroundなどをチェックしてみてください)。

さて、まとめの時間です。

判決: Kinstaを利用すべきか?

Kinstaは、さまざまなホスティングオプションに違いがなく、年間の支払いを最小限に抑えることだけに重点を置いている人には向いていないことは明らかでしょう。

これは、すべてのウェブプロジェクトがトップホスティングプロバイダーに適しているわけではないからです。あなたの会社のウェブサイトが、「 2022にウェブサイトがないのはちょっとおかしい」という理由だけで存在する場合、プレミアム料金を支払うことはほとんど意味がありません。

Kinstaでホストすべきなのはどんなサイトなのでしょうか?

ここでのキーワードはビジネスクリティカルで、たとえば、大きなトラフィックを持つ企業サイト📈、雑誌や人気ブログなどの出版社📰、教育機関🎓やオンライン学習プラットフォーム、そしてもちろん💳Eコマースなど、ビジネスに大きく影響するウェブサイト(またはビジネスであるウェブサイト)などです。

代理店または単独の開発者であれば、Kinstaはぴったりのサービスです。唯一の例外は、Fiverrで仕事をするなど、低価格のセグメントに自分自身を位置づけている場合です。

Kinstaでウェブプロジェクトを始める

さて、他のホスティングプロバイダーよりKinstaを選択することを決めたと仮定して、どの価格プランを使用しますか?

先ほど学んだことを踏まえると、非常にわかりやすいですね。

  • ウェブサイトが1つまたは2つだけ必要な場合は、それぞれ StarterまたはProをご利用ください。ビジネス1へのアップグレードは、静的なページよりも動的なページが多く、2つ以上のPHPワーカーを使用する必要がある場合のみ必要です。
  • ウェブサイト制作を本業としている方や、複数のウェブプロパティを持つ企業にお勤めの方は、今必要なWordPressのインストール数に応じて、 Businessプランをお選びください。
  • そして最後に、もしあなたがウェブ開発チームの一員であったり、何百ものウェブサイト(ユーザー生成ブログなど)を管理している大企業であれば、 Enterpriseプランが論理的な選択肢になります。

Kinstaについて他に知りたいことや、このホスティングプロバイダの個人的な経験を共有したいことはありますか?以下のコメント欄でディスカッションに参加して、お互いに情報に基づいた選択ができるように助け合いましょう!

コメントを投稿する