Windscribeは、期間限定の無料トライアルや返金保証ではなく、無料版がある数少ない仮想プライベートネットワークのひとつです。

…そう、「無料」、つまり「料金がかからない」という意味で、永遠にです!

さて、あなたがWindscribeを楽しむ代わりに、これを読んでいる理由は何でしょうか?候補はひとつではありません。

  • 🔓 Windscribeの無料版は信頼できるのか?
  • 🚧日常的なインターネット利用においてデータ制限は十分か?
  • 💎有料会員になる意味はあるのか?

難しい質問です。この詳細なガイドでは、入手可能なすべての事実上の情報とWindscribeの個人的な経験を検証した上で、それぞれの質問に対する答えを見つけていきます。 

本題に入る前に、要約を先に読みたい方のための簡単な評定は以下のとおりです。破線のリンクで詳細の章にスクロールしてください。

簡単な評定

Windscribeは、市場で最も優れた無料VPNプランのひとつを提供しており、最大10GB/月の帯域幅、無制限のデバイス、優れた速度、そして複数の利用可能なサーバーを備えています。

しかし、無料で手に入るものには、必ず裏があります…

今日のインターネットのデータ消費傾向を考えると、Windscribeは無料VPNというよりも、無料トライアルが充実している普通の有料VPNと言えます。

また、機能、プライバシー、サポートなどの真に重要な点を考えると、地味なVPNであると言えます。 

(必然的に)データ制限にぶつかり、Windscribe Proを検討すると、他のほとんどの主要なVPNと比較して、安さとは程遠い ことに気づくでしょう。

そこで、もし定期的にVPNを利用予定で、実際の費用対効果を求めるのであれば、証拠に基づいた最良の仮想プライベートネットワークを選ぶためのガイドをご覧ください。

コストパフォーマンスに優れたVPNトップ3›

それでは、なぜこのような結論に至ったのでしょうか。まず、WindscribeがVPNの中で際立っている点を見てみましょう。

主な機能

Windscribeを語る上で、もちろん無料版は外せません。実際、無料版はこのVPNの最も特徴的な機能となっています。

  • アカウントを作成や支払い情報を残したりすることなく、Windscribeを使い始めることができます。月間2GBのトラフィックは完全に無料です。

Windscribeを試す最も簡単な方法は、そのブラウザ拡張機能の一つをインストールすることです。 数回のクリックだけで、アクティブなVPNにアクセスできます。

これは、今まで使ってきたVPNの中で、最も簡単な歓迎プロセスかもしれません。🚀

  • 無料のデータ制限は、アカウントを作成してメールアドレスを認証すれば、10GB/月まで増やすことができます。これは、他の多くの無料VPNよりもかなり高い値です。

(ProtonVPNの無制限無料プランはおそらく例外ですが。)

時間制限を気にせずにWindscribeを試すには最適な方法ですが、通常のインターネット使用では、月々のデータ使用量がすぐになくなってしまいます。

…閲覧といえば、

  • プライバシーポリシーによると、Windscribeは、お客様のIPや訪問したウェブサイトなど、お客様のブラウジング活動のログを 一切保持しません。

この声明は信頼できるのでしょうか?Windscribeのプライバシーとセキュリティオプションのより深い議論については、レビューのこの部分をチェックしてください。

最後に、このツールがあります:

  • ROBERTは、カスタマイズ可能なツールで、不要なウェブサイトのブロック、広告の削除、感染の防止など、インターネットをより安全かつ高速に利用するためのツールです。

使い方はいたって簡単で、あらかじめ用意されたブロックリストを使って、有害な可能性のあるオンラインコンテンツの種類に応じてオン/オフを切り替えることができます。

Windscribe: ROBERT

また、特定のサイトやIPアドレスをブロック/ブロック解除するカスタムアクセスルールを作成することもできます。

なお、ROBERTはブラウザの拡張機能では動作しないため、パソコンで使用するにはWindowsまたはMacのパッケージをダウンロードする必要があります。

プライバシーとセキュリティの話題が出てきたので、これについて少し詳しく見ていきましょう。

プライバシーとセキュリティ

VPNについて最初に確認しなければならないのは、利用者のオンラインでのアクティビティログを保存しているかどうかで、これが重要なのです。既に述べたとおり、

Windscribeは、利用者が閲覧したサイトや利用したサービスなど、オンラインでのアクティビティなどの記録を残しません。

つまり、当局がユーザー情報を要求したとしても(実際に要求されていますが)、Windscribeが提供できる情報は多くなく、単に何もないのです: 

Windscribe: zero logs

Windscribe:法執行機関からの月間リクエスト数

しかし、Windscribeには、プライバシーを重視するユーザーにとって、このVPNがあまり魅力的ではない点があります。

Windscribeは、カナダを拠点としています。

…なぜ悪いことのように言うのでしょうか?

確かにカナダは、誰ものすべての情報を記録しようとするような全体主義国家ではありませんが、地球上で最もプライバシーに優しい管轄区とは言えません。

さらに言えば、カナダはいわゆる「14アイズ同盟」に積極的に参加しています👁️🗨️(不気味な名前ですよね。)

同盟には、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、フランスなど西ヨーロッパのほとんどの国が加盟しており、加盟国間でオンラインデータを含む監視情報を共有することを目的としています。

…そして、そう、14の国から成るメンバーがいるので、それぞれのメンバー国は、一つ目巨人のキュクロープスのように目を光らせているのでしょうか?話がそれてしまいましたね。

いずれにしても、カナダを拠点とするVPNを利用すること自体は悪いことではありませんが、より適した管轄区があるはずです。

カスタマーサポート

Windscribeのクライアントサポートについては、あまり期待していませんでした。なぜなら、ほとんどのフリーミアムVPNは、このサポートを、ユーザーに有料版の購入を促すための追加ツールとして使用しているからです。

今回は、期待を裏切られることはありませんでした(ポジティブなサプライズに近いですね)。

  • 自助で解決したい方には、考えられるすべてのデバイスのセットアップガイドの包括的なライブラリと、ナレッジベースがあります。
  • 半知性的なオプションとしては、質問に対する可能性が高い答えをより早く案内してくれるAIアシスタント であるGarryに話しかけることができます(それほど早くはなりませんが、たまには楽しいものです)。
  • 人と話すことに関しては、Redditで質問をするか、こちらのWindscribeのウェブサイトでチケットを提出できます。

後者の方法を試してみたところ、8時間以内にメールで返信がありました。これは無料プランを利用しているにもかかわらず、悪くない結果です。👍

しかし、ほとんどの大手VPNがライブチャットオプションを提供しており、問題をリアルタイムで解決することができることを考えると、Windscribeのサポートは「まあまあ」以上のものとは言えません。

プロ版になると状況は変わるのでしょうか?

Windscribeの価格

Windscribeは5つの異なる使用オプションを提供しており、市場で最も柔軟なVPNの1つとなっています。その中で最も理にかなっているのはどれなのか、見ていきましょう。

  • Windscribeでは、アカウントを作成せずに月に2ギガバイト使用できることはすでに述べたとおりです。
  • 次に無料版ですが、メールを追加してアカウントを作成すると、制限が10GB/月に増えます。
  • プレミアムプランであるプロ版(これはもちろん、無料ユーザーも支払っているプランです)には、月払いと年払いがあり、機能面での違いはありませんが、価格だけが異なります。
  • 最後に、1つまたは複数のサーバーロケーションを選択することで、独自のプランを作成できます(1つにつき10GB/月のデータ制限が追加されます)。また、月額1ドルの追加料金で無制限のデータを追加するオプションもあります。

無料と有料のWindscribeの唯一の違いは、月々のデータ制限🚧と利用可能な場所の数🌎です。

さらに、ROBERTは無料ユーザーでも利用できますが、2つのブロックリストと3つのアクセスルールのみを利用できます。有料ユーザーに制限はありません。

同じ情報を、分かりやすいように表形式でご紹介します。

機能 アカウントなし 無料アカウント プロ版/月 プロ版/年
データ制限 2GB/月 10GB/月 無制限 無制限
ロケーション 10 10 63 63
ROBERT ベーシック ベーシック フル フル
月額 $0.00 $0.00 $9.00 $4.08

月額4ドルというと、とてもお得な感じがしますが(月額プランの50%OFFです!)、実際にはそれほど安くはありません。

実際、市場に出回っているほとんどの大手VPNを見てみると、Windscribeが 高価に思えるような2年プランや3年プランがあります。

Windscribe pricing

その上、SurfsharkやNordVPNなど、ほとんどの企業が10倍以上のサーバー、より優れたスピード、そしてライブサポートを提供しています。

結論を言うと、

Windscribe Proは、プライバシーやセキュリティが重要なのであれば、 あまり意味がないように思えます。世の中にはもっと良い選択肢がたくさんあります。

– 「ずっと無料プランのままでいいや。と思っていたのですが、何が問題なのでしょうか?」と聞かれたらどうでしょう。

これは、お金を全く使わないよりはマシなような気もしますが……ちょっと計算してみましょう。

10GB/月で十分なのか?

この質問は、客観的な結論を得ようとする場合には、あまり役に立ちません。私たちにできることは、別の質問でこれに回答することだけです。

…何のために十分なのでしょうか?

確かに、インターネットを利用する習慣は人それぞれです。ですから、これについて考えるには、傾向や平均的な数値を調べるしかありません。

  • データ消費量が圧倒的に多いのは、YouTubeやNetflixなどのビデオストリーミングで、まともな画質であれば最低でも3GB/時間は必要です。
  • 次に、音楽ストリーミング(~150Mb/時間)やトレント(1作品あたり500Mbから10GB)などがあります。
  • 最後に、オンラインゲーム、ビデオ通話、ファイルストレージ、および通常のブラウジングを含む残りのすべてがあります。一概には言えませんが、アクティビティの種類によって、50Mb/時間から500Mb/時間の範囲になります。

Decision Data社によると、米国の平均的な家庭では、月に350GBまでの帯域を消費しており、この数字は年々増加しています。

これは国によって違うかもしれませんが、この数字の半分をとっても、Windscribeのデータはすぐになくなってしまいます。

Windscribe limit

Windscribeは有料VPNでありながら、惜しみない無料体験ができると上述したことを覚えていますか?これがその理由です。

そろそろ、学んだことを総括する時がやってきました。

Windscribeを使用すべきか?

Windscribeの最も優れた点は、永久無料プランです。月に2、3回しかVPNを必要としない場合(数本のビデオを見たり、2、3本のトレントをダウンロードしたりする場合)は、ぜひご利用ください。

それ以外の点では、価格に見合った価値があるとは言えません。もっと低価格でより良いVPNを簡単に手に入れることができます。 

ですから、ホームネットワーク全体とモバイルデバイスを保護するためにVPNを利用しようと真剣にお考えであれば、他の製品を検討することをお勧めします。

私たちが選んだVPNトップ3›

そしてもちろん、Windscribeについて他に質問がある場合や、このVPNの経験を共有したい場合は、以下のディスカッションにご参加ください。

コメントを投稿する